browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

sharpの太陽光発電

ソーラーフロンティアが日の出の勢いの企業だとすれば、最も日本で太陽光発電に力を入れているのが、sharpでしょう。
テレビコマーシャルには、日本を代表する女優を起用しております。
そんなsharpは、一時期世界の太陽電池のシェアにおいて、トップを獲得したことがあるほど、優良企業です。
現在、シャープの2枚看板といえば、テレビとこの太陽電池とまで言われています。
さすが歴史を積み重ねてきただけあり、シャープの太陽光発電は違います。
テレビコマーシャルでも言われていますが、日本の気候というのは厳しいものがあります。
日本には梅雨があります。
長期間にわたって雨が降り続けると、設置したところから水が浸入して、腐食するなどのリスクがあります。
夏の暑さというのも、最近では深刻になってきました。
前述しましたが、太陽電池というのは、高温になりますと、出力ロスというのが発生します。
そんな夏から秋にかけては、日本には多くの台風が襲来します。
台風によって、土台から太陽電池が持っていかれるというリスクもあります。
そして冬には、雪があります。
太陽電池というのは、雪が積もってしまうことによって、出力が落ちてしまいます。
日本の屋根は、激しい気象条件にさらされているのです。
そこでシャープでは、様々な気象条件に応じた実験を行っております。
台風や豪雨、激しい積雪に対しては、国際規格よりもさらに厳しい基準で実験を行います。
台風に関する「繰り返し風圧試験」というのが、それです。
高温多湿の環境や寒い環境に対しても、実験を行っています。
通常の実験では、湿度85パーセント、温度85度の環境に1000時間、そしてマイナス40度まで温度を下げ、このサイクルを10サイクル行います。
しかし、シャープでは、時間を10倍長い時間行い、10倍のサイクルを独自規格としております。
これだけの実験を行えば、寒い環境でも大丈夫です。
落下物に対する衝撃実験も行います。
直径38ミリ、重さ227グラムの鉄球を1メートルの高さから落とすのが、通常です。
しかし、シャープではその何倍も高さから落とすのです。