地域に合わせた環境対策としての太陽光発電

地球温暖化など環境問題が年々深刻化しています。
環境破壊やCO2などと様々な原因があります。
普段の生活を見直し、地球にやさしい生活を行う事が重要です。
そうした中、特に日本では、エネルギー問題への対策が必要とされています。
物作りが盛んな日本ですので、家電製品や車などいろいろな製造が盛んです。
一般家庭では様々な電化製品が使われ、そして産業関係でも多くの電力が使用されています。
そうした事で、電力は無くてはならない存在です。
電力を消費する量については、ここ数年での家電や車などエコ製品への切り替えにより、消費量が大幅に減少しましたが、今後の電力対策として、電力を消費する事から生産する事への方向転換が必要とされています。
そうした事で、ご家庭でも身近に出来る発電方法が検討されています。
安全面についても風力や水力、太陽光など自然エネルギーを利用した発電方法が注目されていますが、その中で、最も身近に使用でき、普及されやすい方法として、太陽光を利用した太陽光発電に期待が高まっています。
太陽光を利用した発電ですので、日照時間に比例した発電となります。
そのため、縦に長い地形の日本では、日照時間が長く、気候が安定した地域での利用が最も友好的と考えられます。
その点では、香川などが日本国内で年間の日照時間が長く、安定した気候のため、適していると言われています。
電力生産量と消費量にもよりますが、太陽光発電は、環境に影響を及ぼさずに一般のご家庭でも安全に出来る電力供給方法として、利用価値の高い方法と言えます。

Categories: 香川の太陽光発電