browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

高松市で太陽光発電設備を導入する

高松市は四国の北東に位置し、瀬戸内式気候で温暖、比較的雨の少ないところですから太陽光発電の設備を導入するにはもってこいです。
少雨ということは、香川県には満濃池という空海ゆかりのため池が未だ現存していることからも分かります。
太陽光発電は日光が当たれば当たるほどその威力を発揮しますので少雨という絶好の立地条件の下、ぜひ導入すべき施設です。
設備を導入をするのにあたって、家をオール電化にした方がよりいっそう効率がよくなります。
メリットとしてはガスの契約を打ち切ることができるのでガスの料金を払わずに済むということ、火を使わなくなるので、火災などのリスクが低くなること、自家発電の電力を利用するので電気代が安くなることが挙げられます。
余った電気は電力会社に売ることが出来るのもメリットの一つです。
原子力発電所が再開してしまったら、今のような高値では売れなくなると考えられますので早めに設備を導入して、売電の契約を結んだほうがいいと思います。