browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

香川県では太陽光発電が盛ん

太陽光発電は最も注目を集めている市場のひとつです。
それは地球温暖化による有限資源の見直しから始まり、CO2の元ともなりえるガソリン、原子力発電などからの脱却を目指すべく始まった自然エネルギーを用いての発電が注目を集めているからでもあります。
特に香川県では毎年のように夏には水不足に悩まされている地域でもあるため、香川県が力を入れて自然エネルギーの導入を目指しているからでもあります。
県が力を入れていくことで自然と県民自体にも自然エネルギーに向けた視点が備わってきています。
null実際に導入された方の事例を見てみますと、1ヶ月に自宅で必要になった光熱費は3000円ほどで、売電した金額は19000円ほどとなっていました。
つまり、太陽光発電のみで自宅の光熱費を補い、それ以上に余った電力を売ることができたおかげで、光熱費が0円どころか、利益にまで繋がったという事例がある程です。
太陽光発電のメカニズムは昼間の日光で発電した電力を用いて自宅の電力などをまかなうというのが主な使用方法です。
つまり、曇りや、雨であれば発電量は落ちてしまうのでメリットは大きくありませんが、香川県などは比較的晴れの日が多い地域なので発電量も増えるというものです。
太陽光発電は売電の保証もついていまして、42円単価で10年間保証となっています。
太陽光発電システム自体の耐久年数が15~20円ほどで、元が取れるのも10年ほどと言われていますので、元を取るのには確実に取れるため、損はしない計算になります。
むしろ、最初の10年間でいかに節約し、売電するかで元を取れる年数は上下しますので、節約していけばいくほど元が取れ、利益につながるものです。
現在国からの補助金はまだ出ているので導入は今が買いどきとも言えるでしょう。