browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

太陽光発電のパネルは何十年も長く使う事が前提です!

太陽光発電を家庭の屋根に設置して自然エネルギーから家庭で使用する電力を賄えるというのは非常に現実的で魅力的な話だと思います。
自治体も太陽光パネルの設置には結構積極的なようで加入者も年々増える傾向にあるようです。
ただ太陽光パネルの設置には少なくとも200~400万円程度の資金が必要となります。null
この投資をしっかりと電力という形で回収して行かなくてはいけませんので質の高い製品、メンテナンスをしっかりと提供してくれる業者に工事を依頼する事がとても大切です。
太陽光から得たエネルギーを最大限に電力として使用するために必須となるのが、太陽光パネルと電力を貯めておく蓄電池の性能です。
パネルは面積あたりの発電量の目安があり、メーカーや製品により様々です。
蓄電池なども放電ロスが少ないものを当然選ぶことが大切です。
このあたりの事をきちんと説明できない業者だったり、必要以上に契約の完了をいそぐような所とは簡単に契約を取り付けないほうが無難だと思います。
優良な業者であれば、太陽光発電設置に関してのデメリットなどの説明もきちんとしてくれるはずです!
たとえば太陽光パネルを設置する場合、屋根に器具を打ち込む事でその後雨漏りなどのトラブルが発生するなどの可能性も出てきます。
そしてこのような設備を導入した場合では、ハウスメーカーの保証(屋根)は基本的に受けられなくなりますので慎重に説明を受ける必要があります。
パネルを設置する設置金具がアルミやステンレスでない場合は、屋根の上で錆びて強度が低下した場合、強風などの影響も考慮する必要が出てきます。
このような細かな点も事前にチェックリストとして準備したうえで、施工業者との見積もりをする事をおすすめします。